仏像の見方について

阿修羅像について

興福寺の仏像について

平城京は唐の都であった長安の都市計画をとり入れ、3年がかりで建設されました。
宮城(大内裏という)の正面から南へ道幅85メートル、長さ3.8キロの朱雀大路が走り、これを中心として南北5キロ、東西4.5キロほどの広さの所に東西南北に碁盤の目のように規則正しく、道の幅約28メートルのメインストリートを配した壮大な都市で、ここに大きな中国風の宮殿やお役所の建物が立ち並んでいたといわれています。

その頃日本の全人口は500百万人、平城京の人口は20万人ぐらいと推定されています。
この新しい都が出来上がると、それまで都があった飛鳥の里や藤原京のあたりに建てられていた薬師寺、大安寺、元興寺などの大きな寺はつぎつぎとこの新しい都に移転してきました。

藤原氏の氏寺である興福寺は669年(天智天皇八年)に藤原鎌足の妻である鏡女王が夫の造った釈迦三尊を安置するため山階寺(やましなでら)を建てたことにはじまります。
のちに飛鳥の里に移って厩坂寺(うまやさかでら)とも呼ばれ、平城京が出来ると、他の寺と同じくここに移転し、氏寺ではなく官寺(かんじ)となり興福寺と改名したのです。
移転といっても歴史の古い重要なお寺ですから大事業になります。
まず平城京の東に接する外京の春日の地に敷地を定め、ついで新しくお堂を建て、また仏像も造って行くのですから長い年月がかかります。
そしてお寺の中心となる金堂(本尊釈迦如来ほか計56体を安置)がはじめに建てられ、721年に北円堂(弥勒仏など九体)、726年に東金堂(丈六薬師三尊三体ほか)、730年には五重塔(四方四仏群像計百体以上)、そして734年に西金堂(丈六釈迦三尊、十大弟子・八部衆など計28体)、744年ごろに講堂(丈六不空けん索観音像)が建てられ、平安時代に入って813年に南円堂が建てられるまでを数えると、実に100年がかりの大事業であったのです。
こうして興福寺の諸堂には、おびただしい数の仏像が安置されていました。

平安後期の諸堂の仏像が描かれた興福寺曼荼羅という絵(京都国立博物館にあります)をみると、主な堂に多くの仏像がどのように安置されていたかがよくわかります。

 興福寺はその後、何回もの火災にあい、その度にお堂が再建されたり、仏像が造りなおされたりしますが、1180年(冶承四年)、ちょうど平安時代の末、源氏と平家の争いの中で、平家の軍勢に放火された興福寺は東大寺と共にほとんどのお堂が灰となってしまいます。

そして天平創建以来の名像の多くが失われ、いま興福寺に残る天平彫刻はもと西金堂にあった乾漆造の十大弟子と八部衆像だけとなっています。

つまり阿修羅像は、興福寺にあった数多くの天平彫刻の中で、数度の火災を逃れることの出来たきわめて運のよい貴重な作品の一つです。

「仏像の魅力」はこちらでも掲載しています。「阿修羅像と仏像の魅力」



阿修羅像
乾漆造の源流は中国にあり、中国では「夾紵」(きょうちょ)あるいは「ソク(土扁に「塞」)」と呼ばれた技法である。彫像のみならず器物や棺などの製作にも用いられた。日本では7世紀末から8世紀にかけて仏像の制作に多用されたが、平安時代以降は衰退した。乾漆造には麻布を1センチほどの厚みに貼り重ねて形成する「脱活乾漆造」と、これを簡略化した技法と思われる「木心乾漆造」があります。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

阿修羅像
脱活乾漆造

「乾漆」という言葉は近代につけられたもので古代では「即(そく)」とか「夾紵(きょうちょ)」などと呼んでいました。

「脱活乾漆像(だっかつかんしつぞう)」の「脱活」とは「張子の虎」のように内部が空洞と言う意味で「乾漆」とは「漆」が乾いて堅くなったと言う意味です。

「漆」は硬化と言わず「乾く」と言うのですが乾くと言っても我々が考えるような素材に含まれた水分が蒸発して乾くのとは違い、事実は漆が「乾」くのではなく化学変化で「硬く」なるのです。

この乾燥には高湿度の部屋が必要という不思議さで、湿度乾燥を促進させるのが高湿度の「漆風呂」の役目です。

「脱活乾漆像」の製作工程は、まず最初に大まかな塑像を造り、乾燥した塑像の表面を「漆」に浸した「麻布」で包みます。

この「麻布の像」を「漆風呂」で接着剤の漆の乾燥を促し、麻布同士を固着させます。
漆が乾燥すれば麻布の像の上からさらに漆に浸した麻布で像全体を被います。
再度麻布の像を漆風呂に入れ漆を乾燥させます。

これらの繰り返しを坐像の場合数回、立像の場合10回程度行います。

その工程が終われば、坐像の場合底(尻)、立像の場合背中を切って像内の塑像をばらばらにして取り出します。

そして空洞になった像内に薄板の木枠の心木を納め、像と心木を釘で固定し 、漆が収縮して像が痩せるのを防ぎます。

「張子の像」のようになった「麻布の像」の表面に、漆に木の粉末などを混ぜて作ったペースト状の堅さの「木屎漆(こくそうるし)」を使って細かい仕上げをいたします。

そして、「脱活乾漆像」が完全に乾燥すれば「漆箔」または「極彩色」を施して完成です。

「脱活乾漆像」では凌ぎある細かい表現は、毀れやすい材質の「漆」使用のため出来ません。
しかしそれだけに「像」の相貌は、柔らかい感じの表現になります。

それと漆は写実を重んじた「天平時代」に適した素材でした。
その理由は、漆が乾燥する間、漆の高い粘着性を利用して「脱活乾漆像」の姿を理想の表現に整えることが出来る点にあります。

「脱活乾漆像」では当時、貴金属の金価格と同程度と言われるほど、極めて高価な材料「漆」を大量に消費しました。

何故高価になるかと言えば「張子の像」の素材である漆がひび割れするのを避けるため高純度の漆を必要としたからです。

恐れ多い「仏像」だけに表面のひび割れを絶対に避けなければなりませんでした。

わが国産の「漆」は世界でも最高の品質を言われ英語で「ジャパン」といえば「漆」「漆器」のことだったことからも分かります。

しかし、英和辞書でジャパンと引けば「漆」「漆器」とありますが、現在は「漆器」のことをジャパンと言っても通じないようです。

「脱活乾漆像」は、「漆」が乾燥するのに日数が掛かり制作期間が長く、しかも制作費用が膨大のため、造像されたのは天平時代に設けられた官営造仏所である「東大寺」などに限られます。

「漆」が乾燥する間仏師は手持ちぶさたになるため単体の造像では非能率だったが天平時代は多くの像需要があればこそ可能だったようです。

「脱活乾漆造」は巨像の制作に適し、多くの巨像の傑作が「東大寺三月堂」に存在いたします。


「脱活乾漆造」は中国から伝来した技術ですが中国では古代の「脱活乾漆像」は残っていません。
それだけに古都奈良の「脱活乾漆像」群は世界的な貴重な遺産と言えます。




【仏像】 高村泰正作 阿修羅像 (ブロンズ像)
深みのあるブロンズが心を癒します。
249,900円

NHK?DVD 阿修羅?天平の謎を追う
■商品発売日 2009/09/18■品種 DVD■商品説明 2009年に東京国立博物館平成館で史上最多動員を記録した“国宝 阿修羅展”に展示され話題を集めた阿修羅像の魅力に迫るドキュメンタリー。360度あますところなくハイビジョンカメラ収録した映像や、ガラス越しでは見えなかった姿を収録。
3,990円

日本の仏像 [高画質]

内容(「BOOK」データベースより)

仏像を仏の教えと古美術の観点からわかりやすく解説。

内容(「MARC」データベースより)

多種多様な仏像があるのはなぜ? 仏像はなぜ美しいのか? 仏像のどこに注目すればいい? 如来、菩薩、明王、天部、羅漢・高僧などの仏像を仏の教えと古美術の観点からわかりやすく解説。仏像鑑賞のQ&Aも収録。

内容(「BOOK」データベースより)

究極の解説書!仏像について、ありとあらゆる素朴な疑問にお答えします。あの名著が、より美しく、より読みやすく生まれ変わりました。

内容(「MARC」データベースより)

如来の額のコブはいったい何? 明王はなぜこわい顔をしているの? そもそもなぜ仏像が作られるようになったの? 仏像について、ありとあらゆる素朴な疑問に答える一冊。ほとけさまの解説書の決定版。1983年刊の改訂版。

内容(「BOOK」データベースより)

仏像ガール」がご案内する感じて楽しむ仏像の世界。
かたちを見るだけでドンドン分かる!散歩や旅のお供にもお勧めの一冊です!

「仏像」は好きですか?どんなイメージを持っていますか?古いもの?難しいもの?それとも怖いもの!??
――本書は、そんな先入観を吹き飛ばし、改めてもう一度「仏像と出会う」本!

内容(「BOOK」データベースより)

仏像ナビゲーターとして活躍中の「仏像ガール」がご案内。感じて楽しむ仏像の世界。

内容(「BOOK」データベースより)

視聴者から寄せられた1400通あまりのお便りやメールで綴る「心の仏像」。有名仏から野の仏まで100仏をご紹介。(本書所収・50仏)闘病生活を支えてくれた阿弥陀像、失恋のカウンセラーになった観音さま、山あいのお寺で見つけた笑顔のお地蔵さんなど、仏像との感動の出会いの数々。また、如来、菩薩、明王・天、高僧像の意味や違いも優しくわかる。読めば、きっと仏像に会いに行きたくなる。